「ライフスタイルの余剰」

「暮しにはゆとりが必要だ」と言いたい。
そうしてそのゆとりは無貸し付けから生まれると僕は断言する。
日々の暮しでは、他人はマンション貸し出し、自動車の貸し出し沢山貸し付けがある。養育に伴う学資もひょっとしたら貸し付けに組み入れられるかも知れない。他人も羨む中小企業のCEOもまた、余裕があるように見えて貸し付けと無縁では無い。銀行から元本を借り受け、働き手の正面では大きな放言を言いつつも実相は火の車のところもある。
 私のような、日本の隈で小さく生きている人類だが、貸し付けが無いは余裕があることに従い、一種の愉悦もある。身は大丈夫と日々思えることがある。
 また、父兄が残してくれた利益もあり、働いてはいるが、いざとなったら、先を辞めて、隠遁生活にも入れることも僕にとっては幸運です。
 とはいえ、先には手当てになったこともあるし、60までは働こうという。それは先の勤め規定で退社が60だと決められているからだ。恐らく先は再採用を言い立てるだろうが、断ろうという。というか、もう突っぱねることに決めていて、親しい人にはそれとなく漏らしている。
 60過ぎ何をしようかと考える。好きなライティングのアルバイトもいいし、道楽の合唱にも力を入れたい。ゆとりは費用から生まれるものであると改めて僕は想う。無料人気パソコンオンラインゲーム口コミおすすめランキング2016