所帯が株で大損をこいた

我々にはおじいさんがいますが、おじいさんは前年から株を通していました。株の有に気付いたのは、おじいさんの部屋を掃除しているときに証券ポケットのマニュアルが見つかったからです。我々はてっきり1年代以上株に投資しているのだから、それなりの結果も出てあるだろうと思いました。但し、それは甘い発想でした。じつは400万円の損失を出していることが郵便されてきた証券ポケットの明細書でわかりました。それを見たらあまりにもビックリすぎて感想も出ませんでした。おじいさんは今まで喪失があったことを黙っていたようです。投資していた収入はおじいさんの年金と蓄財、そしてなんとサラ金から借りた収入でした。確かに、おじいさんは収入のやり方が荒い近辺もありましたが、敢然と弁済していました。が、ただし本日ばかりは株で喪失を生み出し、サラ金に返せなくなりました。その額面200万円ほどです。サラリーマンであれば、なんとか働きながら返せるかもしれませんが、お婆さんのおじいさんにとって200万円の喪失は痛すぎます。原則、親子の助けもあり破産は免れましたが、私の親子はおじいさんは縁を切りたいぐらいだと言っていました。これまで親子はおじいさんは仲が良かったですが、今では第三者取扱いです。
よく「金銭の切れ目が縁故の切れ目」は言いますが、全くその通りですなと思ってしまいました。http://datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%85%A8%E8%BA%AB%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0.html