窮乏につきいつも頭に浮かぶ仕方

あーまた月末になりました。金欠の自身は各回タバコをひかえるかどうかの
範囲を考えることとなります。友人で「タバコを諦めると月にこのぐらい浮いたよ」
など「通年このぐらいのむだが発生してるんだよ」などの武勇伝(w)を
聞かされる訳になります。
実際タバコがひとはこ460円で連日ひと器物吸う算段だと
30日間で\13.800支出して要るわけで…
でもどうにか 否 なんとか お小遣いがマイナスにならないように
ブレイクタイムなどのコーヒー価格を我慢して浮かせてみたり…
昼食のお弁当価格を浮かせるためにおにぎりを握って行ったりするわけですけど…
公明正大悲しくなるのも事実です。今の世の中給与伸びといっても
通年数千円。賞与ボーナスは日々削減されていくばかり…
なんとかお小遣いを繰り返すポイントをサラリーマンは手さぐりする事となるわけです。
確かにタバコをやめた際その分浮く要素となるわけですが
タバコをすう(タバコパーソン)にとって当たり前の酸素ブレスが
非酸素=酸欠というぐらいタバコを断絶することは公明正大難しく
3お天道様~6お天道様までの間に禁断症状にさいなまれるわけで…
非タバコパーソンと歩み寄れるような水準ではない事は確かです。
そこでタバコももう少しだけ積み重ねるも…他にお小遣いにつながるような
ことは何なのかを手さぐりし始めた目下です。
@いくらあったら満足いくお小遣いなのか
一度俺と向き合って見る要請と禁煙やる例を
ゆっくり考えていきたいのです。少なからず今日までは生き残れた訳なのですから(w)datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5stlassh/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5.html