最近のスキンケア

最近のスキンケアは、たいしたことはしてないけどお風呂上がりにすぐ化粧水、乳液を塗るようにしてます。

お風呂をでてすぐから乾燥は始まっていると聞いたので…。

お風呂から出たら体を拭く前にまず塗ってます。笑

ちなみに化粧水、乳液は無印良品の敏感肌タイプのものを使ってます。
プチプラなのに肌が潤うので満足しています。
ものによってはプツプツが出来ていたわたしですがこれは大丈夫でした。

値段も安いので化粧水はケチらずたっぷりと塗っています。
高い化粧水はどうしてもケチケチ使ってしまくので安いものをたっぷり使う派です。

時間に余裕があるときはコットンを半分にさいて化粧水を含ませてコットンパックをしたりもします。

目が浮腫みやすいので乳液を塗ったあとに軽くマッサージもしています。

最近は新しくニキビは出来なくなったけど、ニキビ跡が気になるのでバイオイルを試し中です。

今のところニキビ跡にはまだ効果を感じて無いんですけど、新しくニキビが出来にくくなったのはこれのおかげなのかな?

それから、わたしは唇が乾燥しやすくて、すぐに皮が剥けてしまうのでリップクリームを塗ってサランラップをしてパックをしています。

唇専用のパックも売っているそうで、気になってます…。

最近のスキンケアはこんな感じで安定してます。

銀行カードローンの審査が甘い噂が気になる

乾燥肌・敏感肌の方の毛穴解消法

乾燥肌の人は元々皮脂量と水分量が少ないのでどうしても肌が乾燥しがちでつらいです。乾燥から肌を守ろうとして、角質部分が厚くなって毛穴が詰まってしまうこともよくあるのです。また、毛穴の開きは肌の老化によっても起こりますので、顔の油分を取りすぎないようにしましょう。そして老化を遅らせるスキンケア(お手入れ)の方法や基礎化粧品選びが大切です。肌に合うスキンケア(お手入れ)方法として、①:クレンジングは、メイクをした日は欠かさずにして下さい。休日など外出しない日はメイクを控えて、クレンジングもしないようにします。②:洗顔をするときは洗顔料をよく泡立てて、皮脂の出やすいTゾーン(額・鼻・顎)を先に泡をのせ、Uゾーン(頬・口の周り)、目元は泡を転がすようにして指でこすらないように洗います。乾燥度合いによっては、洗顔料は使用せず、クレンジングだけにするほうがよい場合もあります。洗顔時間を短く切り上げる(泡をのせる時間は10秒くらい、すすぎの回数は8回くらいにする)のがポイントです。③:化粧水はじっくりと、少量ずつを繰り返し何回か手でつけます。乾燥がひどいときや化粧水をつけると染みる場合は、その部分にだけセラミド、NMF(天然保湿因子)成分入りの保湿剤(美容液)を馴染ませてから、化粧水をつけてもよいです。④:クリームは毛穴出口付近の角質が厚くならないようにするため、できるだけ水分量を保持できる(保水性)成分入りのクリームや美容液を選び、適量を朝・晩つけます。乳液は油分が多いので、皮膜性が高く皮膚表面を覆ってしまいます。なるべく使わないようにしましょう。老化予防に備えて、抗酸化作用・セラミド・NMF(天然保湿因子)成分配合の美容液を顔全体にやさしくそっとおさえるようにしてつけます。⑤:日焼け予防には、紫外線散乱剤を使用しているUV化粧品(日焼け予防剤)を毎日欠かさずつけるようにします。このタイプのUV化粧品は乾燥肌の人がつけると、時間が経つにつれて乾燥を感じやすくなるので、しっかり保湿してからつけるようにします。外出しない日もUVA波対策として顔全体につけるようにしましょう。⑥:メイクをどうしてもしなくてはならないときだけに、ファンデーション類はつけるようにします。乾燥がひどいと粉浮きしてしまいますので、2~4のお手入れを念入りにしてしっとりした状態でリキッドファンデーションをつけてから、パウダーや軽めのパウダリーファンデーションをつけて、紫外線による肌のダメージを受けないように気をつけます。毛穴を隠すためのメイクアップ料(コンシーラーなど)は使わないようにしましょう。余計に毛穴の角質化が進み、どんどん毛穴が詰まって開いてきてしまいます。ペアーズ登録できないの?入会のやり方は?

赤ニキビの治療法について

炎症を起こしている赤ニキビは、放置したり、自己判断で間違ったケアを行なうとニキビ跡が残ってしまうことがあり、一刻も早く対処する必要があります。また、繰り返し赤ニキビが発症する場合は、赤ニキビのみをケアするのではなく、赤ニキビになる前の微小面皰、白ニキビ、黒ニキビの発生を防ぐことが重要です。炎症を起こしている赤ニキビは、一刻も早く炎症を鎮めないと、ニキビ跡が残ってしまう可能性があります。一人で悩まず、自己流のケアをせず、早急に皮膚科のドクターに相談しましょう。赤ニキビの治療で重要なことは、まずは早急に炎症を鎮めることです。炎症が起きている状態が長引くと、毛包を超え、真皮の広範囲のコラーゲン線維の委縮や癒着を生じ、ニキビ跡が残ってしまいます。また、白ニキビ、黒ニキビと同様に、ニキビ内部の角質や皮脂、膿などを出すことも必要です。抗生剤などの炎症を抑える治療だけより、膿などを取り除いた方が早くニキビが治ります。抗生剤は、炎症のもとになっているアクネ菌を殺菌したり、増殖を抑えます。ニキビ治療においては、毛包への好中球の遊走を抑制する効果のある抗生剤が適しています。抗生剤は、ニキビに限らず感染症の治療に使われますが、ニキビは比較的長期間の服用が必要となるため、一般的には「マクロライド系抗生物質」と呼ばれる副作用が比較的少なく、好中球の遊走を抑える抗生物質が処方されます。具体的には、ニキビ治療に用いられる内服用の抗生物質には、以下のようなものがあります。ルリッド(マクロライド系抗生物質)、クラリス(マクロライド系抗生物質)、ミノマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)があげられます。マクロライド系抗生物質のルリッド、クラリスは副作用が少なく、比較的長期的に服用が可能です。テトラサイクリン系抗生物質であるミノマイシンのほうが、治療効果が高いことがありますが、長期で服用すると、稀に副作用で色素沈着が発生することがあり、注意が必要です。ミノマイシンは、マクロライド系の抗生物質では効果が十分に出ない重症のニキビ、特に若い男性に期間を限定して処方されることがあります。また、ミノマイシンは妊娠中の服用は不可となります。外用薬として処方される抗生物質には、以下のようなものがあります。アクアチムクリーム/アクアチムローション(ニューキノロン系抗生物質)、ダラシンTゲル、ダラシンローション(リンコマイシン系抗生物質)があげられます。アクアチムの方が古くから存在し、ニキビ治療に処方されてきました。ダラシンは比較的新しい薬で、アクネ桿菌やブドウ球菌などを殺菌する効果が高いと言われています。毛穴の中に詰まっている皮脂や古い角質、膿などを、「面皰圧出器(アクネプッシャー)」という専用の器具を使って押し出す治療です。抗生物質の内服薬、外用薬のみの治療より、ニキビの中身を圧出によって取り出す方が早くニキビが治ります。炎症を起こしているニキビは早急に炎症を抑えないと、クレーター状のニキビ跡やしこりなどが残ってしまうことがあります。また、炎症を抑えるためには、症状に適した抗生物質の服用が必要となるため、ホームケアでは対応ができません。赤ニキビができてしまったら、早めにドクターに相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。フェイスブックで婚活するのもありかも